使われているものによってはなたまめ茶にもカフェインが含まれる?

コーヒーやお茶の成分のひとつであるカフェインは、過剰摂取するとなかなか寝付けなくなり、場合によっては頭が痛くなるなどの体調不良を引き起こす可能性があります。

大人はもちろん、身体が作られていない子供や、赤ちゃんを母乳で育てているお母さんはくれぐれも飲む量に気を付けて下さい。

 

お茶の一種である「なたまめ茶」には、カフェインもなければカロリーもほとんどないので老若男女問わず飲めますが、材料の中にカフェインを含むものを混ぜている製品も見られるので、パッケージの裏に表記されている材料一覧を見て、何が入っているのかを確かめると良いでしょう。

 

なたまめ茶は香りに特徴があり、濃いめでありながら後味がさっぱりとしているため、とても飲みやすいという評価を得ています。
また鼻炎や口内のトラブルに効果的なので、鼻や喉の調子が悪い時は、是非なたまめ茶を飲んでみて下さい。

 

カフェインにはどんな効果があるのか?

 

カフェインが含まれているものはコーヒーやいくつかのお茶、チョコレートなどがよく知られています。コーヒーと玉露は他と比べると含まれる量が多いようです。
効能としては全身の機能を活性化させて、胃酸の量を増やし、尿意を感じやすくさせてくれるので、消化や体内の老廃物を排出するサポートをしてくれると言えるでしょう。
しかしそのぶん血管が広がるため、摂りすぎると頭に鈍痛を感じたり、あまり眠れなくなるといった症状に悩まされます。

 

成長期の子供や妊娠中の女性には特に悪影響が出るかもしれません。
国によっては子供のカフェインの量があらかじめ決められているところもあるようです。

 

妊婦への影響

 

子供はともかく、成人済みにもかかわらず、妊娠している女性は何故カフェインを控えるべきなのでしょうか。それは流産しやすくなるからなのです。目安としては大体100mgを超えると危険領域に達します。
胎児がいる状態ではカフェインを分解しにくく、完全に除去されるまで、通常よりも時間を要します。それまでの間に胎児にもカフェインが届いてしまうのです。

 

そんな時はなたまめ茶を飲みましょう。これはカフェインがないだけではなくミネラルが豊富なので、栄養を必要とする子供や妊婦にはうってつけの飲み物です。
免疫力も向上させられるため、病気にもかかりにくくなるというメリットもあります。

 

健康的な身体を作るにはまず内側から!

 

カフェインは脳の神経を刺激するので、一定量を超えてしまうとそれがなければ落ち着かない身体になってしまいます。
ですがカフェインを避けることは難しいので、少しでも摂る量を減らしたければ、飲み物をなたまめ茶に変えるだけでも多少はマシになるでしょう。

 

なたまめ茶の良い点は、好きなタイミングで飲めることです。それこそ寝る前でも構いません。
家族全員で飲んでいるという話もよく聞くので、試してみることをおすすめします。