なたまめ茶のオススメの飲み方とは?1日にどれだけ飲めばいいの?

「なたまめ茶」を初めて試すので飲み方を知りたいという方もいらっしゃると思います。

しかしメーカーによって使用しているなた豆の品種や産地、焙煎方法が異なるため、間違いない飲み方というものはありません。
多くの場合、購入したメーカーから送られてきた小包に同封されたペーパーや公式サイトで掲載されているページにオススメの飲み方が記載されていますので、それを参考にしながら自分の舌と体にあった飲み方を探してみましょう。

 

なたまめ茶の飲み方はひとつじゃない

 

「なたまめ茶」の飲み方は大きく分けて3つあります。
時間をじっくりかける煮出して飲む方法と、お手軽に急須やポッドにお茶を入れてお湯をそそぐだけの飲み方、さらに夏場にオススメのスッキリ飲める水出しなどです。

 

急須などにお茶を入れてお湯を注ぐ飲み方は時間も手間も取られず気軽ですがバカにはできません、煮出しほどではないものの「なたまめ茶」の成分が抽出されます。
時間が無いけど仕事に行く前に「なたまめ茶」を飲みたい、でもどうせなら有効成分も摂取したいという欲張りな方におすすめの飲み方です。

 

「なたまめ茶」の成分がたっぷり含まれた一杯を堪能したい方は、じっくり時間をかけて煮出したものをオススメします。「なたまめ茶」は煮出した方が成分がよく抽出されると言われているためです。

 

急須にお湯を注いだだけのものと飲み比べて違いを確かめてください。

 

暑い盛りにはどうしても冷えたものが欲しいです。
冷えた「なたまめ茶」を飲みたい場合は一度煮出したものを冷ました後に冷蔵庫で冷やすか、「水出し」でも成分が抽出されるものを探して飲んでください。夏の昼間の煮出し作業はこたえますから水出しのものは手軽で体にもやさしいです。

 

作り方の次は飲むタイミングです。
ちなみに「なたまめ茶」には摂取量に制限はありません。
原料となるなた豆にはカフェインが含まれていないので就寝前に飲んでも問題はありません。
ただしメーカーによっては緑茶とブレンドされたものがありますので、その場合には夜飲むことは控えた方がよいでしょう。
それ以外には食事中に飲む、運動前や後の水分補給、目覚めの一杯など様々な場面でお楽しみいただけます。

 

さらに緑茶の代わりに「なたまめ茶」でうがいをすることで、口臭や歯周病といった口内の病気を予防できるとも言われています。
口臭が気になる方は是非やってみてください。

 

一日にどれだけ飲めば良いか

 

特にこれだけ飲む必要があるという具体的な数値はありませんが、1日に500mlを目安に飲み続ければ効果を実感できるという話をよく耳にします。

 

しかし感想は人によりけりで、必ず500ml飲まなければいけないとか、1L飲めば2倍の効果が実感できるとかいう話ではありません。一般的なお茶の一日の摂取量くらいのペースで飲み続ければよいでしょう。

 

まずは「なたまめ茶」を購入したメーカーがオススメする飲み方を試してみてください。
それで味が薄いようであれば濃く入れるか飲む量を増やし、逆に濃いようなら薄く入れるか飲む量を減らして調整してみてください。
こうやってお茶の入れ方や飲み方を変えながら、時には季節や時間帯なども考慮に入れながら自分の好みの「なたまめ茶」を探求してみてください。

 

効果を実感できるまでにかかる時間

 

「なたまめ茶」の効果を1日で感じられる方もいれば、実感できるまでに数ヶ月かかった方もいて、何日飲み続ければ実感できると明確に答えることはできません。

 

ですので効果が出なくても最低1ヶ月は飲み続けてみることをオススメします。

 

多くの健康促進・増進系の茶でも当てはまることですが、医薬品ではないので即座に効果がでることは稀なんです。
体の健康を維持する機能を高める成分を少しずつ摂取することで健康な体を作ることを目的としていますので習慣とすることが重要です。

 

ご自分の体の調子を見ながら、最初は少量でもかまいませんから1ヶ月を目標に毎日の食生活に「たなまめ茶」を加えてみてください。