むくみと関節痛の原因や対策方法、なたまめが持つ作用について分かりやすくご説明します。

むくみと関節痛は関係があるのか?

 

関節痛には様々な原因がありますが、なたまめはそんな関節痛にも効果的に働きます。

 

なたまめの、抗炎症作用・血行促進、さらに免疫力アップなどの作用が、相互に働きかけることで関節痛をケアすることができると考えられています。

 

関節痛の原因として、むくみが関係していることがあります。

 

むくみを起こしやすい人は筋肉量が低下しているため、代謝が悪いことが多いためなたまめの血行促進効果で代謝を促し、なたまめの利尿作用で溜まった老廃物を排出することで、むくみが改善される効果が期待できます。

 

むくみは筋肉量の少ない女性に多くみられます。筋肉を動かすことによってポンプ機能で全身に血液やリンパ液を運ぶ力が弱いので、老廃物などが溜まってしまうことがむくみにつながっていると考えられます。

 

さらに、女性は男性に比べ血圧が低い人も多いため、むくみやすく、たまった老廃物が排泄されないので太く脂肪のようにみえてしまうことがあります。

 

むくんでしまうと筋肉の働きが低下し、しなやかさを失います。これが関節痛を起こす原因にもなっているのです。

 

特に下半身は心臓から遠く、重力の関係でむくみやすく、膝関節の痛みにつながるため、代謝を良くし、むくみを改善することが関節痛を抑えるためには重要だと考えられています。

 

なたまめの効果は?

 

なたまめは古くから、腎臓に作用する植物といわれてきました。腎臓は、身体の老廃物をろ過し毒素として体外に排出する重要な臓器です。肝臓で脂肪や薬を代謝するのと同じように、人間の代謝器官としてなくてはならないものです。

 

なたまめの血行促進・代謝アップといった効能は、腎臓の役割として大きな「毒素を排出する」機能をサポートしてくれます。
また、腎臓は、疲労や冷え、ミネラルが不足することで機能が低下してしまいますが、なたまめでミネラルを補給し、代謝をアップすることで改善することができるといえます。

 

なたまめ注目の成分はこれ!

 

なたまめに含まれているウレアーゼは、尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解するために必要な酵素です。この酵素が不足すると、分解能が低下し、むくみやすくなってしまいます。
なたまめでウレアーゼを補給することで、分解能を維持し腎機能をサポートしてくれます。分解と体外への排出がスムーズに働くことで、むくみ予防・解消につながります。

 

メタボリック対策にも期待できる!

 

脂肪を分解する肝臓の働きが良くなると、身体の代謝も自然と上がっていきます。基礎代謝が上がることで、日常的に勝手に消費されるカロリーも上がるため痩せやすくなり、メタボリック対策にもなります。

 

豊富なミネラル・ポリフェノールなどの栄養素が含まれているので、食事量を見直すダイエットをする場合にも、栄養補給ができるので、健康的にダイエットすることができます。
なたまめは、腎臓や肝臓の機能を維持するために必要な栄養素が含まれていて、身体の栄養バランスを整えることができるので効果的だといえますね。