自宅で出来る初期症状を緩和する方法

風邪は、ウィルスや細菌に感染することが原因で体長悪化する状態を指します。風邪にかかっている人が触れたものを媒体としたり、くしゃみやせきなどによる空気感染など感染経路は複数存在します。風邪の諸症状は次のようなものです。

 

  1. 鼻水による鼻づまりやクシャミ。
  2. 喉の炎症による咳や痰、痛み。
  3. 免疫機能による身体全身の発熱。

 

これらは免疫機能によりウィルスや細菌などの異物を体内から除去しようとしている状態です。鼻や喉での粘液増加や炎症は、それ以上体内に異物が侵入するのを防ごうとしています。咳やくしゃみは物理的に体外へ異物を追い出そうとしているのです。症状が悪化することで肺炎などの重い病気になる可能性もあるため、風邪は初期症状の内に対処することが大切です。

 

「なたまめ茶」で初期症状に対応

 

40度近い高熱が続く場合や、酷い咳や痰が収まる様子も無いならば風邪以外の病気になっていることが考えられます。病院へ行き医師の診察と治療を受けるべきでしょう。症状が軽く体力に余裕があるならば、自宅で安静に療養するだけで直る場合もあります。市販薬のほとんどはウィルス自体に対抗することよりも、風邪の諸症状を緩和することに重きをおいています。薬を飲んだからすぐ直るわけでもなく、また一時的に体調が回復しても油断するべきではありません。

 

自宅での療養は、身体を冷やさないよう心がけ、消化吸収が良く身体機能の回復が望めるものを食べ、十分な休息をとるのが基本です。さらに「なたまめ茶」を飲むことで、鼻や喉の悪い状況に対応できます。「なたまめ茶」に含まれる「カナバニン」という成分は、鼻水や痰を除去しやすくし、喉や鼻の粘膜部分の炎症にも対応します。

 

「なたまめ茶茶」で呼吸器系の辛い諸症状を緩和する

 

風邪を引いたならば、水分や栄養の補給を怠らず、体調が早く元に戻るように安静な状態を保ちましょう。「なたまめ茶」は、喉の炎症による痛みや鼻づまりから来る息苦しさを、効果的に和らげることが出来ます。不調を感じた段階で「なたまめ茶」を飲用する早期対応が、風邪の悪化を防ぐことになるでしょう。

 

罹患予防として日常的な手洗い・うがいなどの衛生管理はもちろん、炭水化物・たんぱく質・ビタミン・ミネラルなど栄養素をバランスよく十分に摂取することが大切です。また、身体を冷やす原因となる冷たい飲み物・食べ物は免疫低下の原因となると言われます。冷たい飲み物は飲み過ぎないように注意し、風邪の初期症状は「なたまめ茶」で対処することで健康な生活を保つよう心がけましょう。