痔…悩んでいたけどこれがあれば?

痔ってなあに

 

できれば人に話したくない。

そんな悩みのひとつ「痔」。
歴とした病気の1つで、男性に比べると女性の方が痔で悩んでいる人が多いと言われています。

 

どうしたら痔ができるのか??
痔は、お尻の静脈の血流が何らかの原因で滞ることで発症します。運動不足の人やデスクワークの人に多く発生するみたいです。
デスクワークの人は長時間お尻を圧迫することで静脈の流れが悪くなり痔になってしまう人が多いようです。

 

ほかにも「切れ痔」「イボ痔」があります。
「切れ痔」は便を出すときに肛門のが切れて出血してしまった状態をいい、「イボ痔」は肛門の内側や外側に膿んで袋状になってしまった状態をいいます。

 

イボ痔の中でも内側にできたイボ痔が悪化して膿んで袋状になったものが外側に飛び出すことがあり、場合によっては手術となることも。

 

痔に効く?!なたまめ茶?

 

なたまめには膿の排泄効果があるとされています。
ということは、「イボ痔」に対してなたまめの効果がきたいできるのではないか?!

 

毎日なたまめ茶を飲み続けることで膿の排泄をきたいするものです。お茶を飲むだけなので簡単に続けられそうですよね。

 

また、痔の原因と言われている「冷え」と「血行不良」。女性の多くが悩まされていますよね。その悩みも、このなたまめ茶は効果ありなんだとか。
血行が改善されることでイボ痔だけでなく、切れ痔も予防できるかもしれません。

 

セルフケアできるかも?

 

女性の多くが冷えや血行不良もですが、妊娠・出産後に体質の変化で便秘に悩まされる人が。その便秘がきっかけで「切れ痔」になり円座クッションが手離せないなんていう人も。

 

そんな人にもこのなたまめ茶おすすめなんです。
なたまめ茶を試しに飲んでみた女性が、血行が改善して切れ痔悩んでいたのにいつの間にか切れ痔に悩んでいた毎日とおさらばしたという結果が?
羨ましいですよね。

 

この女性の場合、イボ痔ではないので膿の排泄については分かりませんが「血行促進」という点からいくと痔にも、効果ありといえるのではないでしょうか。

 

なたまめ茶…飲むだけじゃなかった?

 

なたまめ茶は、普通お茶として飲むのが一般的ですがほかにも使い方があるんです。

 

お茶として飲んだあとの茶殻を捨てずに使っちゃう方法です。お茶として飲んだあとですがなたまめの成分がたっぷりはいっている茶殻。ティーバッグにいれたまま患部にあてて使います。
ここではなたまめの効果の1つである抗炎症作用をきたいできるのではして使用します。

 

入浴後など患部をキレイにしてから煮だした後のティーバッグを患部にパッティングしてみるといいかもしれませんね。

 

痔だけではなく、お肌が荒れてるときにも効果ありかもしれませんね。

 

なたまめ茶の効果を最後まで存分に味わってみるのもいいかもしれませんね。内側と外側の両面から身体をケアしていきましょう。