気になるなたまめ茶の副作用と効果

口臭予防に役立つなたまめ茶ですが、なたまめ茶に使われる赤なたまめの完熟種子には、若干の毒性があります。毒性があると分かると、気になるのはなたまめ茶には副作用があるのかどうかですよね。

今回は、なたまめの種類と毒性、なたまめ茶の副作用と効果についてご紹介します。

 

なたまめの種類

 

なたまめには、主に、白なたまめ、赤なたまめ、タチナタマメの3種類があります。

 

白なたまめは白い花が咲くことと白い種子ができることが特徴です。白なたまめの完熟種子には毒性はなく、煮豆などの食用として使われています。また、完熟種子だけでなく、若いサヤにも毒性はなく、福神漬けの材料などとしても広く利用されています。

 

白なたまめに対し、赤なたまめはピンクの花が咲いて赤い種子ができることが特徴です。赤なたまめの完熟種子にはわずかに毒性があります。また、淡い紫色の花が咲いて白い種子ができるタチナタマメの完熟種子には強い毒性があります。そのため、毒性が強いなたまめは食べるのには向いておらず、何も下処理をせず食べてしまうと腹痛や嘔吐などの症状が現れるため、注意が必要です。

 

気になるなたまめ茶の副作用

 

なたまめに含まれる毒性は、サポニンや有毒性アミノ酸カナバリン、コンカナバリンAなどによるものです。このようななたまめの毒性は下処理をしっかりと行うことで消えると言われています。下処理には、水にさらす、煮る、炒るなど様々な方法があります。

 

なたまめ茶の原料は白なたまめと赤なたまめです。上記でご紹介した通り、白なたまめには毒性はありませんが、赤なたまめには若干の毒性があります。ですが、赤なたまめを加工する段階で毒性が消えるようにしっかりと下処理がされており、副作用の心配は必要ありません。なたまめ茶の副作用による被害が現在まで報告されていないことからも安全性がわかりますね。また、過剰摂取による副作用の心配もないことが証明されています。

 

それでもなたまめ茶の副作用が心配な方は、より安全性に配慮しており、しっかりと焙煎処理をしているメーカーのものを選ぶと良いでしょう。

 

なたまめ茶の効果

 

なたまめ茶には、排膿作用や抗炎症作用などの多くの薬効成分が含まれており、歯周病や蓄膿症などに効果があると言われています。また、ミネラルが豊富に含まれており、体にも良いことがわかっています。
口臭の対策にも効果があることが証明されているなたまめ茶を上手に使い、健康的な生活に役立ててみてはいかがでしょうか。