なたまめ茶の選び方 赤なたまめ茶と白なたまめ茶どちらが良いでしょうか

「なたまめ茶」には、「赤なた豆」を使ったものと「白なた豆」を使ったものがあります。

これら「赤なた豆」「白なた豆」は、「なたまめ茶」に使用されていますが、色も違いますし、含有する成分にも違いがあります。

 

最も大きな違いは、毒性の強さです。

 

そもそも豆類全般に言えることですが、なた豆にも毒があります。
特に、「タカナタマメ」と「タチナタマメ」に毒素が多いとされています。
食用とされるのが、「赤なた豆」と「白なた豆」です。

 

しかし、「赤なた豆」は「白なた豆」よりも「サポニン」や有毒性アミノ酸の「コンカナバリンA」「カナバニン」といった毒素を多く含有します。これらを多量に摂取すると、下痢、腹痛、嘔吐などの「副作用」が引き起こされます。

 

ですが、これらの毒素は、水につける、炒る、焙煎するなど適切な処理をすれば、ほぼなくすことが可能です。これまで「赤なたまめ茶」を飲んで副作用が確認された事例は無いようです。
「なたまめ茶」は毒素を取り除くため、焙煎されるというわけです。焙煎されたお茶には、副作用の心配はなさそうですね。

 

「赤なた豆」は毒素を多く含んでいる分「白なた豆」よりも危険かと言うと、けっしてそう言うわけではありません。
適切な処理をし、安全性が確認されたものであれば、どちらも安心して飲むことができます。

 

二つの「なたまめ茶」の効果の違い、選び方のポイントは?

 

なた豆は以前から漢方薬として知られており、「コンカナバリンA」はなた豆にしか存在しないレクチンです。なた豆には、血行促進や免疫力向上などの様々な効果のほか、腎臓に良く、膿を出す効果もあるといわれており、デトックスにも期待できます。

 

と言うことは、「サポニン」や「コンカナバリンA」「カナバニン」を多く含む「赤なたまめ茶」は「白なたまめ茶」よりも飲んだときの効果が高いのでしょうか?

 

「赤なたまめ茶」は「白なたまめ茶」よりも効果が高いという説を唱える人もいるようです。しかし、その具体的な根拠はありません。

 

焙煎をして製造する「なたまめ茶」は、毒素である「コンカナバリンA」「カナバニン」はすでに抜けているはずなので、「赤なたまめ茶」も「白なたまめ茶」も、これらの含有量が大きく違うということはないはずです。
それよりも、しっかりと毒素を抜き、安全に製造されたものを選ぶことこそ重要ではないでしょうか。

 

また、効果の実感の仕方も人それぞれです。血行促進、免疫力の向上、デトックスなど様々な効果が期待できるのですから、どんな効果が出るのかは、飲んでみなければ分かりません。

 

販売されている「なたまめ茶」から自分に合ったものを選ぶのなら、「赤なた豆」「白なた豆」という違いだけではなく、産地や製造方法にも目を向けてみると良いでしょう。

 

つまり、「赤なた豆」「白なた豆」のどちらかで「なたまめ茶」を選ぶよりも、産地や製造方法などの安全性を重視して選ぶことが重要なポイントになります。粗悪な製法で作られたものを選ばないよう注意が必要です。自分の納得する産地のものを選ぶことができたら良いですね。

 

含まれる「ポリフェノール」の違いは?

 

「なたまめ茶」には、他にも多くの成分が含まれています。
中でも、「赤なた豆」には「白なた豆」よりも多くの「ポリフェノール」が含まれているとされています。

 

「ポリフェノール」とは、ほとんどの植物に含まれている、苦味や光合成によってできる植物の色素の成分です。「ポリフェノール」は、植物細胞の生成や活性化を助ける働きを持ちます。
代表的なものは、赤ワインや緑茶に含まれている「タンニン」、ブルーベリーなどに含まれている「アントシアニン」、大豆などに含まれている「イソフラボン」などです。このように、「ポリフェノール」には、多くの種類があり、その数は5,000種以上に及ぶとも言われています。

 

なた豆に含まれる「ポリフェノール」は「タンニン」です。

 

「ポリフェノール」には、殺菌作用をはじめ、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用があると言われています。

 

しかし、「タンニン」は熱を加えると減少してしまいます。
「なたまめ茶」のように、焙煎して使用する場合には、焙煎の温度や時間によって、「タンニン」の含有量が左右されるのです。

 

「赤なた豆」に含まれる「タンニン」は「白なた豆」の約2倍です。
しかし、「なたまめ茶」で使用される「なた豆」は焙煎されたものを使用するので、「赤なたまめ茶」のほうが「白なたまめ茶」よりも多くの「タンニン(ポリフェノール)」を含んでいる、とは言いきれないのです。

 

「赤なたまめ茶」と「白なたまめ茶」どちらがおすすめか、と聞かれたら、安全性の高い産地や製造方法の「なたまめ茶」であれば、どちらも同じようにおすすめできると言えるでしょう。