どうやって選ぶ?なたまめ茶の選び方

昔から大事なものとして重宝されていた「なたまめ茶」について

なたまめ茶は全身のむくみや腫れ、口内のトラブル、機能停止状態が続いている腎臓の再起動などに抜群の効果を発揮してくれます。
膿や炎症を抑えて、弱った腎臓を活発に働かせてくれるので、花粉症やアレルギー反応で悩んでいる人にもおすすめです。鼻水や咳、喉の痛みを感じたら、こまめに摂取してみると良いでしょう。

なたまめ茶が日本に広まったのは江戸時代に入ってすぐの頃であり、食料のみならず縁起物としても見なされていたのか、誰かが旅に出る際への贈り物として渡されることがあったとされています。

比較的暖かいところで育ちやすく、現在は鹿児島県の吉田町がメインの生産地として知られているようです。


厳選!なたまめ茶おすすめ・ランキングベスト3


なたまめ茶で人気ナンバーワン!
定番のなたまめ茶として長らく一番人気。初めてなたまめ茶を買うならまずは薩摩なた豆 爽風茶がおすすめ。
通常価格 3672円(税込)
内容量/一日あたり 30包(1ヶ月分)/約122円(税込)
キャンペーン 定期コース初回半額1836円(税込)送料無料、その後も継続的に10%OFF。その他お得コースあり。

リピート多数!とにかく美味しいなたまめ茶がいいなら!
保存料を不使用の安心のなたまめ茶。定期コースでの価格は少し高いかもですが、品質重視の方にはおすすめ!
通常価格 2839円(税抜)
内容量/一日あたり 30包(1ヶ月分)/約108円(税込)
キャンペーン 定期コースなら13%OFF、最安2460円(税抜)/1箱あたり、で購入可能。送料も無料に。

お手頃価格が嬉しい!ティーライフのなたまめ茶
ティーライフのなたまめ茶です。お手頃価格なのが嬉しい!キャンペーン初回限定15日分970円でまずはお試し!
通常価格 2043円(税込)
内容量/一日あたり 30包(1ヶ月分)/約68円(税込)
キャンペーン 初回限定で15日分970円で送料無料のお試しあり。


中国の医療技術との結びつき


なたまめは生長すると5m近くにも伸びていき、マメ科に属するものの中では最も大きいとされているほどの生長ぶりを見せてくれます。
一説によれば「ジャックと豆の木」の豆の木はこれではないかとも言われています。原産国はアジアやアフリカなど、熱帯地域が中心となっています。

中国に伝わる冊子によると、なたまめは腎臓の働きを促して、健康的にするためのサポートをしてくれるものと書かれています。そこからか医療的な価値も見出され、料理や薬の材料としても使われることが多かったようです。

薬としての使い道


なたまめには「カナバニン」「コンカナバリンA」「ウレアーゼ」の3つが含まれていて、カナバニンは主に口の中の臭いや歯周病の予防を行い、コンカナバリンAは免疫を増やしてガンを抑え込み、ウレアーゼは尿素をアンモニアと二酸化炭素に分けてやり、腎臓が上手く動くように補助する役割を担っています。

なたまめを購入して料理の具材として加えても構いませんが、種を火にかけて、軽く煎ることで作られるなたまめ茶も手軽に入手出来る上に、こちらは飲み物となっているぶん体内に取り込みやすいので、上述した症状を治したい人は是非飲んでみて下さい。

蓄膿症にも最適!


なたまめ茶は溜まっている膿を取り除くにはうってつけと評されるほどですが、健康維持に必要なミネラルも豊富に含まれているので、免疫力や新陳代謝を上げたい時にもぴったりなのです。
薬を飲んだり、医者に行くほどでもないくらいの、ちょっとした体調不良の時は、悪化を防ぐためになたまめ茶を飲んでみるのも悪くありません。口内の臭いが気になる人も、まずは一口試すことをおすすめします。

なたまめが効能を発揮する症状

ダイエットから花粉症まで様々な症状に効果を発揮する「なたまめ」の効果って?

なたまめは「膿みだし」「毒だし」の妙薬として知られています。膿や毒素を身体の中から排出してくれるので、歯周病や蓄膿症の症状を緩和してくれると評価を得ています。

なたまめは体全体をデトックスする?


中国では薬膳の食材として300年以上も前から使われていて、明の「本草綱目」にも膿みだしに有効な漢方医療の生薬として紹介されています。

良質のタンパク質、ウレアーゼ、カナバニン、サポニンなどの他、酵素やポリフェノール、鉄分が豊富に含まれた健康食材として評判で、薬効成分も豊富に含まれています。

なたまめ茶の効果は様々で「血行が良くなった」「冷え性が良くなった」「花粉症が楽になった」「口臭が和らいだ」と喜ばれています。

つまり、膿みだしとは、「身体の血流を良くして、毒素を体外へ排出する」ということで、現在でいうところの「デトックス植物」と言ってよいでしょう。

ダイエットにも効果あり!


なたまめ茶はノンカロリーなのでいくら飲んでも太る心配はありません。コーヒーやジュース変わりに飲めばその分のカロリーを減らすことが出来ます。また、ノンカフェインでもあるので、妊婦さんや小さなお子様でも安心して飲んで頂けます。

いわゆる「体重が減った」というダイエット効果ではなく、便秘の解消につながった、むくみが減ったといった感じです。ウレアーゼは腎臓機能を向上させる作用があるのでむくみの解消に役立っているのです。実際に私のゾウのようなむくみ足もかなり解消しました。

また、コンカナバリンAが腸内に溜まった便をゆっくり時間をかけて体外に排出させる効果があります。便秘の解消は新陳代謝の活性化にもつながりますから、痩せた体型をキープすることも可能になるでしょう。

もちろんなたまめ茶は薬ではないのでいつ、どれだけ飲んでも問題はありません。アイスでもホットでもお好みで飲んで頂けます。
なたまめはお薬と一緒に摂取しても、副作用などは心配ありませんが、現在お薬などを飲んでいる方は、自己判断ではなくまずはお医者様にご相談されることをおススメします。

特選!なたまめ茶の選び方

なたまめ茶を選ぶ際のポイント!種類や産地による違いとは

最大の比較ポイントは、 味!美味しくなければ毎日続けられません。色々なメーカーさんから販売されていますが、くま笹の配合が少ない物の方が苦みが少なく飲みやすいようです。基本的にはスッキリしていて飲みやすいので、あまり心配はしなくて大丈夫でしょう。また、なたまめ自体には毒性がありますが国産の物は、製造する過程で毒性を取り除いているという事なので安心です。外国産の物も沢山あるので、心配な方は国産品を選びましょう。

もちろん価格も気になるところ。1袋に30袋入っていて3000円〜4000円程です。麦茶やウーロン茶と比べると高価になりますが、これだけの効能があるのですからお薬を買ったり、通院したりすることを考慮すればそれ程お高いとは思わないのではないでしょうか。使用後のティーパックを水に浸しておいたお茶をうがいや鼻洗浄、歯磨きなどに使用すれば更に経済的です。

身体のトラブルを改善し、ダイエット効果まである「なたまめ茶」をぜひ一度お試し下さい。

まずは違いを知る!


「なたまめ茶」そのものには商品によって種類があり、原産地や原料、価格などによっても異なります。種類が多いためにどれを選んだら良いのか悩んでしまうという方も多いでしょう。

そこで、なたまめ茶を選ぶ際に重要なポイントとして、種類・産地・品質・安全性・原料・価格などに注目してみてはいかがでしょうか。安全なものや価格が抑えられているものや取り入れやすいものなど、自分で条件を設定しておくとそれぞれに合った「なたまめ茶」をチョイス出来ます。

なた豆の主な種類について


なた豆の種類には沢山の種類がありますが、主に使用されているのは赤なた豆と白なた豆の2つです。
この2つのなた豆から抽出されて作られる「なたまめ茶」については、どちらも効果面でそれ程異なる点は無いのでどちらを選んでも良いでしょう。
なた豆の赤か白かのどちらかで悩んでいるは、お好みの方を選ぶと良いでしょう。

ただし、赤なた豆のほうがポリフェノールという成分が白なた豆よりも多く含まれております。
このポリフェノールは健康や美容にも効果がありますので、複数の効果をより実感したい方には赤なた豆がオススメになります。
効果には個人差がありますが、高品質で安心しながら飲めるものを選ぶことが大切です。

使用されているなた豆が作られた場所や品質などにも着目


最近では海外から輸入された「なた豆」が使用されている商品もありますが、なた豆の原産地は国産・中国産のものが多く使用されています。
海外産は価格も抑えられているので取り入れやすいですが、なた豆の中に農薬が残っているものなど、品質面でデメリットがある事も多いです。
海外産を購入するのであれば、検査済みの高品質ななた豆かどうかをチェックする必要があるので覚えておくと良いでしょう。

国産は海外産と比較するとお値段が張りますが、それでも高品質で悪影響のないなた豆を使用している事が多いため、国産がオススメです。
ただ、検査などで安全性が確認された商品であれば国産・海外産など関係なく、安心して飲む事が出来ます。

なたまめ茶は高品質の商品も多いですが、中には品質の悪いものがあるため購入の際は注意しておきましょう。
価格が安いのも大切ですが、購入後に品質の悪いものだったと気付く前に、事前に品質や安全性などがしっかりしているか調べておくと良いでしょう。

原料が全てなた豆のものとそうでないなた豆茶の違い


なたまめ茶には、原料全てがなた豆で出来ているものと、なた豆以外にも似たようなお茶が一緒に混ぜ合わせている商品もあります。
なた豆100%のなたまめ茶の中には、味の好みにもよりますが、なた豆独特の味が出ている事もあり飲みにくいという商品もあります。

原料が全てなた豆で出来ている商品でも、美味しく飲めるように工夫されているものも多いので飲み比べしてみるのも良いでしょう。
一方で他のお茶も混ぜ合わせているなた豆茶は、他にさまざまな成分が入っているため、なた豆特有の味が抑えられており誰でも美味しく飲む事が出来ます。
なた豆茶そのものの飲みやすさと同時に、一緒に入っているものの栄養まで摂取する事が出来るのでこちらもオススメです。

使われている原料の種類や成分などはメーカーよっても違いがあり、なたまめ茶と言っても色や味、成分、効果がそれぞれ異なります。
そこまで気にしないという方は、あくまでも参考として覚えておくと良いでしょう。

気軽に取り入れるもので飲みやすいものを選びたい方であれば、色々なお茶とブレンドされたなたまめ茶がオススメです。
なた豆が100%使われているなたまめ茶は、原料の全てがなた豆となります。
よりなた豆の効果を実感したい方には100%使われてたなたまめ茶がオススメになります。 

ぜひ試してほしいお茶の淹れ方と飲み方


なたまめ茶を美味しく飲むためのポイントを紹介したいと思います。

美味しく飲むには煮出しが1番


なたまめ茶は煮出し以外に急須でもお茶を入れることができるタイプが多数です。
おすすめする方法は煮出しの方です。なたまめ茶の持ち味である香ばしさは急須で淹れるよりも煮出しした方がきっちりと出るように思います。

何となくではありますが、効き目も煮出しした方がアップするような気がします。
麦茶も水出しするよりも煮出しした方がより美味しく感じるように、焙煎されているお茶を美味しく飲むには、
少し面倒くさくてもしっかりと煮出ししたほうが良いと思います。

冷たいのと温かいのではどちらがより美味しいか?


赤なたまめ茶には“冷たくても美味しく飲んでいただけます”と書かれていたので、氷を入れて冷たくしてお茶を淹れてみました。
冷たくても、美味しさは変わらなかったのですが、風味が少し落ちていて豆のコクが目立っているような感じがしました。

ほのかな甘さを感じたいのならば冷たいタイプ、豆の風味を感じたいのであれば温かいタイプ、をおすすめします。
その人の好みによりますが、個人的には温かいタイプの方が香りと味の調和がとれていて美味しく感じました。

朝にまとめて1リットル作ってしまい、保温できる水筒にいれて1日飲めるようにするのが良いと思います。
そして、このなたまめ茶は濃い目に作った方が美味しいので、氷を入れてしまうと薄くなってしまうのが短所だといえます。
ですが、冷たいタイプでもしっかりと美味しいです。

1日でどれくらいの量を飲むのか


ある夫婦の場合を紹介します。
最初は朝起床した時に1杯飲みます。次は毎食後にコーヒーの代用品として1杯ずつ飲みます。
奥さんが400~600cc、旦那さんは400cc程度です。
朝の起床時に割と多くに飲むと鼻づまりが和らぐので、花粉症が流行る時期には予防も兼ねて多めに飲むのをおすすめします。

嬉しいことになたまめ茶はノンカフェインのため、夜に飲んでも眠りにくいということがありません。
夕食の後に少しの量でも飲んでから寝ることで、翌日の鼻づまりの症状を和らげることができるようです。

ちょっと冷まして温度を下げたものをペットボトルに入れて携帯し、普段の水分補給として取り入れるのも良いと思います。
口臭について悩んでいる人には特に試してほしいです。水分補給するついでにお口のケアも出来るのでお得ではないでしょうか。

なたまめの摂取方法と副作用、安全性について


なたまめの食経験とその効果


なたまめとは、マメ亜科の一年草で、古くから漢方薬の処方で用いられてきました。
近年では、健康茶『なたまめ茶』としても一般的に広く知られるようになりましたが、非常に強いアクがあり、食用としてしては一般流通していないそうです。
そのなたまめの強いアクには、強い薬効があるため、アクを除去せず摂取すると、吐き気や下痢、吹き出物などの副作用を発症する場合もあるとのことです。
なたまめは、薬剤と同様にその突出した薬効がある故に、同時に人体に害をなす毒ともなり得るものなのかもしれません。

市販の健康茶『なたまめ茶』の安全性


現在、多くの健康茶『なたまめ茶』が販売されていますが、前述の通り、なたまめには副作用があるため、市販されている『なたまめ茶』安全なのでしょうか。

食品の安全性の調査は、健康食品というカテゴリーが世間に周知された現在、「厚生労働省 健康食品のホームページ」で健康食品の健康被害を簡単に検索することが出来ます。
そして、調査した結果、日本国内に流通している『なたまめ茶』による健康被害報告はありませんでした。
現在のところ、国内に流通している『なたまめ茶』は、安全と言えるのではないでしょうか。

それは、世界の中でも食品の安全管理が行き届いている日本国内で、規格通りの原料用いて適切な施設で工法された製品が流通できている証でもあります。
近年の日本では、効能も注目されていますが、その根底には、安心・安全な食品(健康食品)が前提となっています。
しかし、いくら安心・安全で効能も期待できる健康食品でも個々人の体に合う合わないはある事も留意することを忘れてはいけません。
身体に合わないものを無理して飲み続ければ、副作用が出ないとも言い切れません。
とはいえ、出来れば健康な身体でいたいものです。

『なたまめ茶』で健康に!


前述の通り、なたまめには強い効能に伴う副作用がありますが、安心・安全な『なたまめ茶』を毎日取り続けることで血行促進によるむくみの改善、免疫力を高めてアレルギー症状の改善などの効果が期待されています。
漢方薬にも使われている『なたまめ』を毎日家族みんなで取って、一家全員、健康な身体を維持・向上してみてはいかがでしょうか??"